直前手配は高くなりやすい航空券

繁忙期や直前で予約すると、特に国際線の航空券はかなり高額になります。

比較的安いLCCですら、直前手配では、例えば中国-東京でも6万程度からとなることもあります。



予定がかなり前に決まっていれば、安く手配することができますが、ある程度価格があがった場合には、価格を安くする方法として私がよく使うのが、マイルで購入です。

例えば東京から香港間は、通常の時期では、20,000マイルになります。なお特典航空券は、96時間前予約とか時間の制限があります。

そもそもマイルが足りない!ということの方が多いかと思いますが、実は海外のサイトでマイルを購入することができます。

いくつか販売しているサイトがあるようですが、私が使っているのは以下のサイト。

buyairlinemiles.com

ANAマイルは、20,000マイルからの購入で現在440ドル。レートによりますが、大体日本円で5万円以下になります。

ANAの航空券を直前で手配するよりは、かなりお安くなります。

実際に購入してから、ANAのマイルがつけられるまで、大体2-5営業日と書かれています。今まで何回か購入したことがありますが、タイミングによっては2週間くらい余裕を観たほうがよいときもあります。

ちなみに、ANAの特典航空券は、席が「空席待ち」となることが多いです。

マイルで購入している人が多いので、「空席待ち」も期間まで待っても手配できないこともあります。

この場合、例えば往路エコノミー、復路ビジネスなど別々のクラスで手配すると空いていることが多いです。

片方のクラスを上げた場合、必要マイルもあがります。例えば先ほどのアジア1だと、通常20,000ですが、片道ビジネスにすると30,000マイル。

先ほどのマイル換算すると、$660=7-8万円くらいなので、ビジネスの方が通常購入よりお得感があるかなと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です